ブログを書くためのアドバイス

検索結果に出てくるホームページの順位を上げて、
お客様にたくさんホームページを見ていただくことは、サロン集客にとって大切なことです。

 

そのために、Googleにホームページを評価してもらうSEO(検索エンジン最適化)という対策が必要です。

 

けれど、SEOは専門の業者さんに月々数万円の費用をかけてお願いするくらい、専門知識が必要なケースもあり、
ハードルの高いもの・・と、思っている方も多いのではないでしょうか。

 

サロンノートでは、通常機能として、以下のアドバイス機能が備わっています。

 

「どうブログ記事を書けば、検索結果の上位に取り上げてもらいやすいか」

「どんな文字数を意識すると、検索での表示がきれいか」

 

 

 

タイトルの文字数が長い場合は注意が出ます

image-ブログを書くためのアドバイス | サロンホームページにおすすめのWordPressテーマ salonote

タイトルの文字数は、30文字から33文字が検索結果の上位表示に有利と言われています。

サロンノートでは、タイトルに文字を入れて行くと自動的に文字数を計測して、長すぎる場合は注意書きが出るようになっています。

 

 

ブログ記事の文字数

ブログ記事の文字数だけで、検索順位が決まるわけではないことは、大前提としてお伝えしておきます。

どれだけ読者にとって役立つ良質な内容をかけるかが大切です。

 

しかし一定の文字数以上がないと、Googleとしては「記事の内容がしっかり書かれている」とは判断しづらいようです。

その目安としては、最低でも1000文字以上は必要と言われています。

 

2017年は長文ブログが流行し、8000文字程度の記事が検索結果の上位に表示されやすいという統計もあるようですが、さすがに毎回8000文字の記事を書くのは大変だと思います。

 

そこで、サロンノートでは

  • 1000文字以上のブログ記事はOK
  • 2000文字以上のブログ記事はGood

という表示が出るようになっています。

逆に、500文字以下のブログについては、Short(短い)が表示されます。

この表示を参考にブログ記事を書いていけば、自然と検索に強い記事を量産できるようになります。

 

image-ブログを書くためのアドバイス | サロンホームページにおすすめのWordPressテーマ salonote

 

 

キーワードの出現回数も自動でアドバイス

特定のキーワードで上位表示を狙う場合、そのキーワードが何回くらいブログ記事の中に含まれているかも、大切になります。

もちろん、ただ闇雲にキーワードを入れれば大丈夫ということではありません。

 

あくまでも、目安ですが、4.5%〜5.5%くらいの出現率が好ましいと言われています。

サロンノートではこの出現回数も自動的に計算をし、回数が多いか少ないかのアドバイスも自動的に表示されます。

 

また、見出しの中にキーワードが含まれていることも、SEOにとっては大切です。

そこで、記事の中の見出しにキーワードが含まれている場合は、各見出しに「Good」という表示が出ます。

 

 

 

関連キーワードをアドバイス

最後に、記事を書くときは、狙うキーワードに関連した言葉を入れて行くことで、さらに広いそうにアプローチができる記事となります。

そこで、Googleの検索では、どんな言葉が関連ワードとして検索されているか(Googleサジェスト)も、自動的に表示します。

image-ブログを書くためのアドバイス | サロンホームページにおすすめのWordPressテーマ salonote

 

この関連キーワードを意識した文章を書いていけば、狙ったキーワードでの上位表示がさらにしやすくなります。

 

image-ブログを書くためのアドバイス | サロンホームページにおすすめのWordPressテーマ salonote

 

サロンノートではこのように、「どんな記事を書けばいいか」というアドバイスを自動的にする機能を備えています。