お店でよく使う装飾を リストから選ぶだけで 見た目を整えることができます

ページ作りを楽しくする機能

1つのページの中での表現力を高める工夫をしています。

例えばこのページは、PCで閲覧した場合サイドのない全画面となっています。

また、同時にスマートフォン表示も最適化されて、見やすい表示になります。

スマートフォンで閲覧いただいた場合は、表示してある演出効果とは別の表示になります。
スマートフォンでのページ表示速度を重視するGoogleの評価を高めるための施策となります。

 

ページ作りを楽しくする機能

 

画像を活用した表示

画像の上に文字を乗せることも、簡単にできます。

ボタンなどのリンクも貼れます

 


固定背景の上にコンテンツをのせるタイプ

画像の上に文字を乗せることも、簡単にできます。

ボタンなどのリンクも貼れます

 


画像に対して、テキストが縦に中央配置される

ここに入ったテキストは短いですが、縦中央に配置されます。

ただし、コンテンツ表示段階でjavascriptが読み込まれなかった場合は、その限りではありません。

ページ表示速度を優先した対応となります。


画像とテキストを格子状に並べる

画像を8個まで
横に並べることが可能です

画像を8個まで
横に並べることが可能です

画像を8個まで
横に並べることが可能です

画像を8個まで
横に並べることが可能です

さらに横並びブロックを追加すれば、4x4 の構造なども、シンプルに実現できます。

 

チェックリストなどの、リストの表現も多彩

お客様の症状を箇条書きで並べたいときや、「こんな人にオススメ」などを記述したい時の表現もあります。

  • お身体の悩み
  • お肌の悩み
  • 胃腸の悩み
  • 足の悩み
  • 疲労の悩み
  • お身体の悩み
  • お肌の悩み
  • 胃腸の悩み
  • 足の悩み
  • 疲労の悩み
  1. お身体の悩み
  2. お肌の悩み
  3. 胃腸の悩み
  4. 足の悩み
  5. 疲労の悩み
  1. 施術前のお茶をお出しします
  2. お着替えをしていただきます
  3. ベッドに横になっていただきます
  4. 施術をしてリラックスいただきます
  5. お疲れ様でした

 

流れを表現するリスト表示も簡単

  1. 施術前のお茶をお出ししますここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
  2. お着替えをしていただきますここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
  3. ベッドに横になっていただきますここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
  4. 施術をしてリラックスいただきます
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
  5. お疲れ様でした
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。
    ここに流れを伝えるテキストが入ります。ここに流れを伝えるテキストが入ります。

 


YouTubeの動画の埋め込みも簡単

YouTube Movie

ページを重くしない工夫が施されています

YouTube動画をそのまま埋め込んでしまうと、ページの表示速度が重くなる要因となります。

クリックをすると、拡大して表示する仕組みが実装されています。


別の方法で、背景画像の上に文章を重ねることが可能です。

こちらでは、背景画像の上に、横並びブロックを載せることも可能です。

画像を8個まで
横に並べることが可能です

画像を8個まで
横に並べることが可能です

画像を8個まで
横に並べることが可能です

画像を8個まで
横に並べることが可能です


 


通常の横幅いっぱいに広がるテキスト

あえてコンテンツの幅を狭くしたい時に使えるブロックがあります。最近のパソコンはディスプレイが大きいので、普通に横に文字を書いていくと、目線の移動が大きく、読みづらさを与えてしまう場合があります。そんな場合でも、あえてコンテンツを狭めることによって、目線の移動を減らし、読みやすい表示に変えることができます。

 

横幅を狭めたケース

あえてコンテンツの幅を狭くしたい時に使えるブロックがあります。最近のパソコンはディスプレイが大きいので、普通に横に文字を書いていくと、目線の移動が大きく、読みづらさを与えてしまう場合があります。そんな場合でも、あえてコンテンツを狭めることによって、目線の移動を減らし、読みやすい表示に変えることができます。

 


画像の様々な演出

円形の画像

角を丸くした画像

影付きの画像

要素を組み合わせた表示


テーブルの演出

ストライプテーブル A 1
ストライプテーブル B 2
ストライプテーブル C 3
ストライプテーブル D 4

 

区切りテーブル A 1
区切りテーブル B 2
区切りテーブル C 3
区切りテーブル D 4

 

スマホで段が変わる A 1
スマホで段が変わる B 2
スマホで段が変わる C 3
スマホで段が変わる D 4

 


 

全てのページに
スライドショーを出す機能があります