新しくサロンを開いた人のための、
サロン集客ブログの書き方

水野 博文
水野 博文

新しく活動をはじめるにあたって、
どのメディアどうサロン集客をしていけばいいかというのは、
みなさん悩まれるポイントだと思います。

 

新しくサロンを始めた。

新しくコーチのお仕事を始めた。

新しくインストラクターのお仕事を始めた。

さぁ、どうやってお客様に知っていただこうか・・・と。

 

 

そんなサロン集客をどうするか・・という部分で、めっちゃ毎回いただく質問があります。

 

アメブロでブログを書くのがいい?

WordPressで独自にブログを書くのがいい?
てゆうか、WordPressって何?

 

というもの。

 

わかるわぁーーーーー

せっかく記事を書くなら、その労力を1ミリも無駄にしたくないし

遠回りもしたくないですよね。

できるだけ早くお客様を増やして、安定軌道に乗せたい気持ち、わかります。

 

 

サロン集客方法は、状況や目標によっても変わってくるので、一概にこれが正解とは言えません。

でもまぁ、そんな言い訳的なタテマエは置いておいて、この記事ではバッサリ言い切りたいと思います。

 

 

  • アメブロはSEOに強い
  • アメブロはコミュニティがあるから集客につながりやすい
  • WordPressは、なんかプロの人が使うもの
  • ホームページはよくわからないし高い
  • まずは無料から始めていった方がいい

 

起業仲間やスクールの先輩などから そういう情報を聞くと、

「まずはアメブロで始めて、売上が上がってきたら別の方法を考えよう」

という結論に、多くの人が達します。

 

 

まずはアメブロが向いている人は、どんな人でしょうか。

そして、アメブロから始めてはいけない人は、どんな人でしょうか。

 

1つずつ丁寧に紐解いていきますね。

一度に全てを読みきらなくてもいいので、ポイントポイントで読み飛ばしていただければと思います。

 

 

 

ジワジワと
検索されなくなってきているって、知ってた?

ブログを書いている人の多くは、自分のブログへの導線で一番多いのは検索経由からだと思います。

けれど、少しずつ検索からアクセスする人が減ってきています。

 

なぜ検索から離れようとしてるの?

 

様々なメディアが統計を出して、10代〜20代の検索が減ってきていることを示唆していますが

要約すると、この意見につながるのではないでしょうか。

GoogleはSEO対策されていて「リアルじゃない」

https://jp.techcrunch.com/2016/03/03/istagram-genking/


は? SEO対策って必要って言ってなかったっけ?

 

そうね。うん、そうよ。

 

でも、頭のいい大人達がSEO対策で操作しまくったおかげで、ネット上では「仕組まれた検索」が溢れてしまったんです。

何かのキーワードで検索をしたとしても、なんか広告的なサイトが出てきたり、明らかに商品に誘導したがってるサイトが出てきたり。

 

そうやって大人達に仕組まれた検索結果のレールの上を走るくらいなら、盗んだバイクで走り出すぜ っていう人が増えてきても不思議じゃない。

 

だから、一部のユーザー層からジワジワと、検索結果を信じなくなった。

それよりも、誰かが言っている本当らしいことを信じるようになった。

つまり、SNSのことね。

その中でも、TwitterとInstagram

 

なぜTwitterとInstagram?

それは、短文だったり画像だったりで紹介してくれるので、あまり深く悩まなくても理解できるから。

 

これらのサービスを使っている人が「バカ」だということではないのです。

どちらかというと、情報に触れる機会が多くて、処理をいっぱい脳内でしなければいけないから、
できるだけ脳コストを下げて情報を収集したいと思ってる。

 

ポイントとしては、SEOに優れているからこれから新規でアメブロを選ぶ という場合は、
今の時代の方向性から遅れていることになります。

 

「新しくアメブロを選ぶ」というのが、時代の方向にずれているだけであって

すでにアメブロを活用していて、アメブロから一定の流入が発生している場合は、今後も集客の軸に据えてもいいと思います。

 

ただ、「新しく始めたいんだけれど、何を選べばいい?」と言われた時には、

アメブロを第一優先にはご提案しないです。

 

検索に強いアメブロを選ぶよりも、今の時代に必要とされる戦略を取りやすいものをご提案します。

 


誰かに「まとめられる」能力

ブログを書こうと思って勉強していくと、ライティングの情報が目についてきます。

その情報の多くは、こういう切り口でアドバイスをしてくるはずです。

 

みんなが知りたい情報をまとめましょう!

オウンドメディアサイト(自分発信の情報メディア)を作りましょう!

記事を毎日30件書きましょう

 

あなたがアフィリエイターになりたいのなら、これらのスキルと労力が必要です。

たくさんアクセスを稼いで、たくさん広告をクリックしてもらって、収益を上げる。

その方向性自体は、全く否定しないし、労力がさけるならやってみる価値はあります。

 

ただ、この記事では新しく活動を始める人の、サロン集客のためのブログについて書いてきました。

サロン集客のためのブログには、何が必要かというと

 

情報をまとめる能力ではなく、

誰かに「まとめられる」能力 です。

 

わかりやすい言葉でいうと、シェアしたくなるかどうか。

この記事をみんなにも知って欲しいと思ってもらえるかどうか。

 

 

前述した通り、意図されたSEOは少しずつ嫌がられるようになってきました。

仮にあなたのサイトがアロマセラピーサロンだとして、「◯◯にオススメのアロマ精油 5選」と言うブログ記事を書いたとします。

 

これは、情報をまとめる作業です。

中には、そのサイトを「便利」だと思ってアクセスする人もいるでしょう。

けれど、その記事を読んで「あなたに会いたい」と思う人は、どのくらいいるでしょうか。

これだけ情報が溢れている世の中で。

特別な情報がどんどん減ってきている時代の中で。

 

みんながシェアしているようなまとめは、シェアする必要がないんです。

どちらかと言うと、「え? この人こんなことシェアしてるの?」と思われるリスクの方を考えてしまう。

 

みんな、「お。さすが! こういう情報を共有してくれるの いつもありがたいです!」と、思われたい。

そういう記事を選んで、シェアしているはずです。

または、いいねを押しているはず。

 

つまり、あなたがブログで書くべきことは、誰もが調べればわかる情報ではなく、

あなただから知っている情報

あなたから聞きたかった情報

です。

 

特に、「あなたから聞きたい」というのは、とっても価値が高いです。

これだけ情報が氾濫している中で、探せば同じような情報やエピソードやストーリーはあるでしょう。

あなただから知っている情報というのも、多くはないかもしれません。

 

けれど、同じ内容だとしても、あなたの切り口で聞きたい、あなただから読みたいと思えば、特別なブログ記事になります。


ちょっとだけ補足しますね。

「あなただから」知っているのと

「あなただけが」知っているのとでは、意味合いが違います。

 

別にあなただけが世界中でただ一人知っている必要はないんです。

知っている人は多くいるかもしれないけれど、その理由が知りたい。

 

「必ず再来店につながる、おいしいパスタの作り方」

というブログ記事があったとします。

 

1つは、インターネット上にあふれている情報を上手にまとめたり、自分でも作ってみたりして、情報としては完璧にオリジナルな内容を書いたとします。

それは、あなただけが知っている情報かもしれません。

 

けれど、

「名古屋のパスタ激戦区で18年愛されてきたシェフが初めて教える
 必ず再来店につながる おいしいパスタの作り方」

は、あなただから知っている情報です。根拠があるんです。

 

ブログで言うと、その根拠ってなんだと思います?

たくさんブログを書いてきた履歴もあるでしょう。

同じことを伝え続けてきた実績もあるでしょう。

 

ただ、今回の記事のテーマ

「これからサロン活動を始める人」の根拠って

ホームページで打ち出していくのが、とても早いのです。

 

 

難しいページや、高度なデザインは必要ありません。

 

プロフィールページを作り、丁寧な活動実績を紹介する。

なぜあなたから施術を受けるべきなのかがわかるページを用意する。

 

その上で、取り上げてもらいやすいブログ記事を丁寧にコツコツ書いていく。

それは、ホームページの仕事であり、WordPressの仕事です。

 


「アメブロのプロフィールページもあるんじゃない?」

その通りで、アメブロでもプロフィールはかけます。

 

好みもあるでしょうが

テキスト中心のアメブロのプロフィールページと

写真もつけられて、文字の抑揚もつけられて、ブランドイメージを伝えられるホームページのプロフィールとだと

自分のホームページで伝えるプロフィールの方が、ブランド力は高いんじゃないかなと感じます。

 

 

そうそう、そうだ。

ブログ記事の出だしに、プロフィールを書く方も多いですね。

 

「◯◯協会認定講師

 名古屋をアロマで笑顔にするアロマセラピスト

 ◯◯丸子です」

的な。

 

それ自体は、「最初に活動を名乗りましょう」と言う文化もあるので、理にかなっているかもしれません。

 

ただ、ライティングの方法としてはもう少し別の角度からのアプローチもあります。

 


「ハンカチ落としましたよ?」から、声をかけますよね

大前提としてですが、ハンカチを落とした人がいたら、

「あ、ハンカチ落としましたよ!」から、声をかけますよね。

 

いきなり、

「はじめまして!

 ◯◯協会認定講師 名古屋をアロマで笑顔にするアロマセラピスト

 ◯◯丸子です」

とは、言わないですよね。

 

もし、そう言う伝え方をしたとしたら、言い切る前にキャッチセールスだと思われて

「間に合ってます〜」と、去って行ってしまいます。

 

日常では、そうしないのに、ブログではプロフィールから書き始めてしまう。

 

SEOを意識してるから・・と言うのも、理解はできるし

まずは知ってもらうことから・・というのも、気持ちは理解できるのですが

 

まずは、お客様の課題やお悩みに応えるのが優先です。

 

ブログの書き出しは

「ハンカチ落としましたよ?」

で、いいのです。

その後で、

「あ、突然でびっくりさせちゃいましたね。すみません。」

と、話の流れで必要であれば自己紹介すればいいんじゃないかな。

 

 

もしも、ここまで読み進めてくださっている方がいたら、本当にありがとうございます。

サロンノートを開発している水野です(笑)

 

いや、ここで自己紹介を書いたのは冗談ですが

おそらく、冒頭のこの部分を読んで、読んでみようと思われたのではないでしょうか。

 

「新しく活動をはじめるにあたって、
 どのメディアどうサロン集客をしていけばいいかというのは、
みなさん悩まれるポイントだと思います。」

 

これは、あなたの悩みですね。

あなたの悩みの答えが書いてありそうだから、これだけの長文を読んでくださっているのだと思います。

 

引き続き、あと少しだけ、
ぼくのサロン集客に使えるメディアの見解をまとめていきますね。

 


アメブロで記事を書く方のが向いている人と、向いていない人

 

アメブロで記事を書く方が向いている人で、一番わかりやすいのは

どうしても無料で活動する理由がある人 ですが

多くの方がそんな答えを期待していないのも知っています(笑)

 

もう少し踏み込んだぼくの意見としては

あなたがどこで情報を発信しても、見てもらえる人であれば、アメブロをツールとして活用するのは正しい選択です。

 

例えば、

 

  • すでに別の活動での知名度がある
  • スクール仲間や異業種交流会などで、すでに少しの人脈は持っている
  • 「サロンを始めたら、お客様として行くね」と言ってくれている友人がいる。
  • FacebookやTwitterやLINE日記などをすでに活用していて、自分の人脈に対して発信できる場を何か持っている。

 

そういう人は、最初から無理してWordPressでホームページを作る必要はないです。

なぜなら、まずは「あなたを知っている人」に情報が届けばいいからです。

 

 

では、アメブロで記事を書くのが向いていない人は、どういう人でしょうか

それは、今の友達などのつながりが、サロン活動に繋がらない人です。

 

ママ友達は多いけれど、これから扱うのがモデル体系になるための痩身エステで
知り合いのママたちがお客様になりにくいのはわかっているとか。

事務での仕事仲間は多いけれど、これから扱うのが「お金のメンタルブロック」のコーチングで
みんなの金銭感覚や、経歴を知っているので、お客様にはなりづらいとか。

 

その場合は、あなたを知らない人に知ってもらう必要があるので、ホームページを活用する方がいいです。

 


ん?

知ってもらうなら、アメブロの方がいいんじゃない?

 

 

そうね・・・

でも、これまで書いてきた内容を振り返ってみると

 

  • 検索されにくい時代になってきている
  • いきなりアクセスをしてもあなたを選ぶ根拠がない

 

そして、さらに現実的な話をすると

 

あなたがキーワードを入れてアメブロを更新して行くほど

同業者さんの読者登録や人脈が増えて行くはずです。

つまり、お客様になりにくい人たちとの繋がりが増えて行く。

 

 

単純に「知っている人」やアクセスを増やすだけなら

アメブロを新規で始めて行くのが適しています。

 

けれど、あなたが必要なのは新規サロン集客

 

 

アメブロでお客さまを集められるくらい記事数を増やす労力と

WordPressを学んで記事を書いていって反応が出始める労力とは

そんなに変わらないはずです。

 

今は、便利で安い有料デザインもあるし無料のものもあります。

また、勉強会もたくさんあるので、一昔前よりはかなり取り入れやすくなっています。

 


WordPressってプロが使うやつでしょ?

そうですね。

でも、正確には「プロも使うやつ」です。

 

誰でも、使い慣れた道具を使いたいとか、

使ったことがない道具に抵抗がある気持ちは生まれます。

 

では、例えばね

あなたが小さなカフェを開いて、ランチにオムライスを出すとします。

 

使い慣れているから、自宅にあるフライパンと食器を使おう

とは、思わないんじゃないかな。

 

そこはやっぱり、おしゃれな食器とお仕事用の調理道具を使うと思うのです。

 

ではなぜ、ブログでは、おしゃれな装飾とお仕事用のブログツールを使わないんでしょう。

みんなが使っていて、使いやすそうな日記用のブログサービスであるアメブロを使うんだろう。

 

気持ちの抵抗感は、わかります。

また、これまでも書いてきた通り、アメブロが絶対ダメとは思わないですし、

WordPressが絶対に良いとも思っていません。

 

状況と目指すものによって、向き不向きがある。

あなたが、お仕事として今のサロン活動を開始するのであれば、

お仕事用の道具の方が結果的には使いやすいというだけです。

 


これからサロン開業してブログ集客する人に
オススメするサロン集客の流れ

では、結局どうするのがいいのか。

ホームページ屋としてのぼくの見解をお伝えしますね。

 

あなたのお仕事の目標が、月商30万円以下の場合は、

  1. できればWordPressでブログを書いてみて欲しい
  2. 気持ち的に抵抗感が強いようならアメブロでもいい

という優先順位でお勧めします。

WordPressでブログを書くのに必要な経費は、年間5,000円くらいからです。

(ドメイン:1,600円 + サーバー:3,000円 ※サーバーの初期費用1500円は除く)

 

 

月商30万円以上を目指しているなら、どこかのタイミングでブログ機能がついたホームページは必要になるでしょう。

その場合は、より戦略的なお話が必要になるので、ここでは触れないようにします。

(ブログだけで集客が可能とうたっているコンサルタントさんもいるので、興味があれば探してみてください)

 


サロン集客ブログでは、何を書けばいいの?

記事を書く内容としては

  1. あなたが活動を始めた理由の、ストーリー仕立ての記事
  2. あなたがこだわっているポイントがわかりやすくまとまった記事
  3. あなたのお客様の声
  4. あなたの活動スタート前の思いと、今の思いの差(ギャップ)

を、まずは書いていきます。

これは、あなたのブランドのためです。

 

あなたが活動を始めた理由の、ストーリー仕立ての記事

あなたが活動を始めた「理由」を書いている人は多いですが、それはプロフィールページで触れるだけでも十分です。

ストーリー仕立てで書くことに、意味があります。

 

「生まれ育ったこの街で、アロマで癒される人を増やしたいと思いました!」

それは、あなたの活動理由であって、お客様が知りたいことではないんです。

 

ストーリー仕立てだと、

「自分もあなたと同じように、仕事ばかりして生きてきた。

でも、仕事でのストレスで欠勤がちになり、病院に何度も通うような生活になってしまった。

何がいけないんだろう? 何が違ったんだろう?

そう、自分を責め続けてしまって、さらに心をすり減らしてしまった。

 

あの時、わたしに『あなたは、あなたのまま輝いていいんだよ』と、言ってくれる人がいたら
違った選択をしていたかもしれない。

わたしは、わたしの周りの大切なお客様に、アロマを通じて『あなたのままの輝き』をご提供したいのです」

的なメッセージになります。


そんな、ありきたりなものでいいの?

 

ありきたりなもので大丈夫です。

あなたのお客様は、レディーガガですか?

あなたのお客様は、ノーベル賞受賞者様ですか?

 

普通の悩みを、普通には言えなくて、
大切なだれかを思いやって心の影の部分にそっとしまってしまっている、
優しい普通の人ですよね。

 

あなたの人生の中に特別なエピソードがあるのは、あなたの人生の宝物なので、それを隠す必要はないし、
それを伝えることによって、心を動かされる人はいらっしゃるはずです。

 

ただ、あなたが「特別な何か」を演じるとしたら

それは、あなたのサロンにご来店くださるであろう「普通のだれか」の心を否定することにつながります。

 

あなたは、あなたのまま輝けばいい。

特別になりたいと少し背伸びをして頑張っている、地面に足のついたままのあなたでいい。

それをそのまま、ストーリーとして伝えれば十分です。

 

 


あなたがこだわっているポイントがわかりやすくまとまった記事

必ず記事として書かなくてはいけないのは、あなたのこだわりのポイントです。

これは、ブログ記事の1つというよりは、できれば1つのホームページで書いた方がいいものです。

ブログ記事で書くということは、どんどん後ろに流れて行って色褪せてしまうためです。

 

アメブロで書くならば過去の記事へのリンクを貼っておいて、「活動の紹介はこちら」など、
いつでもアクセスできるようにしておくのが好ましいですね。

 

この時に書くポイントとしては、

◯◯サロンの3つのこだわり!

1つ目は〜
・・・・

2つ目は〜
・・・・

3つ目は〜
・・・・

 

と、ポイントを区切って書くことです。

文章がつながっているほど、読みづらくなってしまいます。

 

五平餅のような、1本の串に棒状に詰め込んであると、大きな口を開けて口の周りを汚さないと食べられませんよね。

みたらし団子のように、一口サイズで分けてあげる方が、女性としても食べやすいはずです。

・・・それはそうと、五平餅はおいしいですよね。食べたくなってきた(笑)

 

アメブロで記事を書くときも、行間を大きく開けて見たり、

 

 

 

2つ目のポイントです

と、装飾で区切ってみたり

 

 

しかぁ〜〜〜〜し!!!

 

とかの大きめの文字をぶっ込んで見たりして、意図的に区切りを作っていきましょう

行間には好みがあるので、ここまで広げなくてもいい場合もありますね。

 


あなたのお客様の声

お客様の声は、どう書いていくか悩むポイントの1つですよね。

数がたくさんあった方がいいけれど、顔写真を載せるご許可をいただけるお客様がそんなに多くいるわけではないと思うので。

 

もちろん、多くのお客様の声があるに越したことはありません。

でも、ブログ形式だと多くのお客様の声を書いても、流れ去ってしまうのもポイントです。

 

サロン開業したばかりでお客様の声がかけない場合は、お客様と一緒のイベントの写真をアップするとやりやすいです。

 

ん? お客様の声じゃなくていいの・・?

 

もちろん、お客様の声も大事ですよ。

「このサロンに出会って人生が180度変わって、天変地異かと思いました!」的な声とか。

お客様の声を活用して、あなたがいかに素晴らしい人かを伝えることも大切ですね。

 

でも、あなたのお客様の声を読んで、お客様が最終的に知りたい情報は

本当にあなたにお願いしても安心かどうか

ですよね。

 

それであれば、まずはお客様に愛されている様子がわかるイベント写真でも、同じ目的を達成できます。

サロン活動を継続していく中で、コツコツお客様の声や写真を集めて、ゆくゆくは信頼度の高いお客様の声ページを作っていきましょう。

 


あなたの活動スタート前の思いと、今の思いの差(ギャップ)

これも、意外と書いていない方が多いのではないでしょうか。

あなたの活動スタート時の思いは、書いている人もいます。

また、今どんなに素晴らしい活動をして、どんな賞を受賞したかも、書いている人はいますね。

 

けれど、それらの点と点が、どう繋がっているか書いている人は少ないです。

 

「わたしは、高校でいつも成績優秀で表彰されていました。
 だから、わたしは優秀な生徒なんです」

という角度の記事を書いている人は、いっぱいいます。

それはそれで、大切な記事です。

 

また、

「もともとは家庭の事情でやんちゃでした。
 父親が家に帰ってくるのが遅く、それが原因で反抗的な態度を取り母を困らせていました。」

という角度のエピソードを書いている人も、いっぱいいます。

これも、大切なエピソードですね。

 

でも、その2つのポイントをつなげて、ギャップを見せているサロンさんはそんなに多くないように思います。

毎回やる必要はないですが、これも取り入れてみると、記事のメッセージにふくらみが生まれます。

 

人って面白いもので、ギャップから逆算して成長曲線を描きます

「あの子は、中学校でもやんちゃで、高校進学もギリギリだったのに
高校2年生の時の母親の病気で『今度は、自分が頑張らなきゃ!』と目が覚めて
それから猛勉強をして、慶應大学に入ったんです」

というエピソードを聞いたら、成長のA地点とB地点が見えるので、

 

そんなに苦労をして成長したのだから、これからますます社会貢献をして素晴らしい人になるだろう

という未来のエピソードを想像して描いてくれます

 

「慶応大学を卒業して、きっとまたやんちゃに戻る」みたいな未来は見えないわけですね。

 

 

これが、

「高校2年生から猛勉強して、慶應大学に入りました」

とだけ言われると、見えるストーリーがB地点の点でしかないので

 

「へぇ〜、家がお金持ちだったのかな」とか

「いい大学に入っても、遊んじゃう人っているんだよねー」とか

成長曲線がうまく描けないんです。

 

では、どうすればいいか。

どんなに短くてもいいから、A地点とB地点を見せることです。

 

例えば、あなたが家で旦那さんの仕事の帰りを待っているとします。

今日は結婚記念日なので、料理を奮発して準備しました。

最後のすき焼きに火を入れるタイミングを考えています。

 

旦那さんからは、「今、打ち合わせ終わったよ!」というメッセージが30分前にありました。

すると、ピロリンと、「今、渋滞を抜けたから、◯◯駅だよ」というメッセージが来ました。

 

ということは、だいたいこのくらいの時間に家に着くな・・と、安心して逆算できますよね。

「今、渋滞を抜けたから、◯◯駅だよ」だけでも、到着予想はできますが

出発したA地点と、今のB地点の差がわかるから、「どのくらい移動したのか」がわかり、予想にふくらみが生まれます。

 

ブログ記事のライティングの時にも、A地点とB地点を結ぶ書き方を時々入れてみると、記事に”わかりやすさ”が生まれます

 

 

 

これらの記事は、いつでもアクセスできるようにリンクを貼っておきましょうね。

そして、個性やキャラクターを出すのなら、これらの記事を書いた後で、文体を崩した文章を書いてみましょう。


まとめ

ここに書いてある内容は、新しくサロン開業をした人が、月商30万円を目指す時にポイントとなるブログの書き方についてです。

キャリアが長い方や、さらに上の月商を目指す方は、もう少しビジネス要素を入れて行く必要はありますね。

 

けれど、もしかしたら、何か1つでもポイントとして持ち帰っていただけるかもしれません。

ブログ集客が難しくなってきたとはいえ、アメブロでもWordPressでも、あなたの想いを文字にして届けるのが大切なことには変わりありません。

 

最後まで読んでくださった方、本当に長い文章をお読みいただき、ありがとうございます。

そして、このブログ記事に写真が1枚もないことに、お気づきかもしれません。

 

どれだけデザインが素晴らしく、グリグリ動く演出があったとしても

文章の力は依然として大きいです。

 

あなたのサロンのブログ集客活動を、応援しています。